英語が話せるとカッコイイなって思う。だから、英語の授業はワクワクする。

本校独自のカリキュラムによって、
ネイティブ教師とともに学びます。

英語は楽しい

コミュニケーションツールとしての英語を学習

  • 低学年

    「聞くこと」と「きれいに発音すること」に力を入れます。勉強だと意識させずに歌ったり踊ったりする中で、楽しみながらたくさんの言葉を蓄積し、頭の中で考えることなく瞬時に英語を理解できる力を育てていきます。

  • 中学年

    チャンツやストーリー、絵本を通して英語のリズムに親しみながら、覚えた単語やフレーズを応用することができるようになります。自分の意見や考えを英語で表現できる素地を作ります。

  • 高学年

    文を読んで理解し、英語での会話に参加できるようになります。5年生では、日本に来ている留学生と交流し日本の文化を英語で伝えます。6年生では米国大学生とともにイングリッシュキャンプに参加し、英語能力の確認と伝わる楽しさを実感します。

英語教育

大事なことは「伝えること」
伝えるための何かを「考えること」

世界で活躍できる人を育てたい。自分の考えを持ち、どんな場でもしっかり伝えられる人に育てたい。グローバル社会においては、どんなに素晴らしい考えを持っていても、英語が使えなければ、それを伝えるすべはありません。そのため昭和学院小学校では、1年生から4年生までは週3時間、5年生から6年生までは週2時間のネイティブ講師によるオールイングリッシュの授業を行っています。脳も耳も柔らかい低学年のうちからたくさんの英語に触れさせ、母語と同じようなプロセスで自然に英語が身につくように工夫されたカリキュラムを採用し、生きた英語コミュニケーション力を育成しています。

様々なイベント

  • ハロウィンやクリスマス

    英語圏における季節の行事を授業に取り入れています。その行事に関係する単語を使いゲームをすることで、楽しい雰囲気の中で自然と異文化理解を深めます。

  • イングリッシュキャンプ

    1年生から学んできた英語学習の集大成として、6年生の1学期に全員でイングリッシュキャンプへ行きます。2泊3日外国人の大学生と衣食住を共にします。自分の英語能力の確認とコミュニケーションの大切さを実感することができます。

  • オーストラリア
    国際交流プログラム

    3年生以上の希望者は、夏休みに7泊8日で語学研修を兼ねた国際交流のために
    オーストラリアに出かけます。ホームステイを体験し、世界に羽ばたく第一歩を経験します。


TOP

トップページ