4年生 学校の“ひみつ”を知りました

2019.12.17 16:12
 総合的な学習の時間を使って、学校のつくりの“ひみつ”を探っています。
 普段、当たり前のように生活している小学校の校舎も「ひみつは何かな?」という目で観察すると、様々な疑問・発見に出合いました。これらの疑問を解決し、更なるひみつを発見しようと、12月17日(火)に、校舎を設計した日建設計の方からお話をいただく機会を設けました。
 階段の手すりの形や壁にある丸い模様、自動で窓が開閉する空調設備に雨水の再利用など、お話を聞いたり実際に見たりしながら、学校の“ひみつ”に子どもたちは驚きの声を上げることばかりでした。
 改めて本校の校舎がもつ利便性と、この素敵な“ひみつ”を考えた設計士さんの情熱とかっこよさを体感できた時間となりました。

TOP

トップページ