オーストラリア国際交流プログラム(6日目 その2)

2019.08.09 17:03
 午後はフェアウェルパーティーです。
 全校児童が集まり、会は国歌斉唱から始まりました。オーストラリアとギリシャの国歌だけでなく、「君が代」もサプライズで流してくださいました。その後、代表児童からお別れのメッセージをいただきました。
 続いて、昭和学院小学校の子どもたちの出番です。みんなで英語の歌を歌った後、グループに分かれて「着物」「日本の行事」「習字」「折り紙」について、それぞれ模造紙に書いた内容を、指し棒を使いながら説明しました。
 さらに、ダンスも披露しました。初めは、運動会で踊った花笠音頭です。現地校の児童も先生方も、笠を持って踊る姿を、とても興味深く見ていました。次に、「エビカニクス」を踊りました。♪エビカニクスでエビカニクスで〜♫の歌詞に合わせて腕を動かすと、なんと会場にいた子どもたちも一緒になって体を動かし始めました。会場全体が、“ノリノリ”の雰囲気に包まれました。
 最後に、校長先生から一人一人に記念品と修了証書をいただきました。これで、フェアウェルパーティーは幕を閉じ、同時に、小学校生活も終わりました。
 下校時、集合場所に集まる際、登校する時にはなかった荷物を持って集まる子どもたちがいました。クラスの子からお別れのプレゼントをもらったそうです。
 とてもきれいな校舎で落ち着いた雰囲気の中、温かい子どもたちや先生方と過ごしたこの4日間の出来事は、きっといつまでも子どもたちの心に残ることでしょう。
 明日は、ホストファミリーと一日を過ごします。

TOP

トップページ