読書講演会

2019.11.15 00:00
11月14日に、児童文学作家の富安陽子さんをお迎えして、読書講演会を行いました。
富安陽子さんは、「空につづく神話」、「やまんばあさん」シリーズ、「シノダ!」シリーズなど
たくさんの著書のある作家さんです。現実にはありえないふしぎなお話や、おばけやようかいなどを
はじめとした個性あふれる登場人物が出てくるお話が多く、子どもたちは夢中になって富安さんの本を
読んでいます。
今回は、下学年、上学年それぞれに「お話の種の育て方」をテーマにお話をしていただきました。
実際に子どもたちが読んだことのある本を手に取りながら、お話を書いたきっかけや出来事など、
なかなか聞くことのできない貴重なお話を聞くことができました。自分の生活の周りにある
ちょっとした面白い出来事が「お話の種」になっているという富安さんのお話に、子どもたちは
目を輝かせて聞き入っていました。
下学年では「まゆとかっぱ」、上学年では「オニのサラリーマン」を実際に富安さんに
読み聞かせをしていただき、どの子もお話の世界に入り込んで楽しく聞いていました。富安さんの
お話を聞き、子どもたちにとっての本の世界がまた広がったように思います。

TOP

トップページ