2018-07-19
今回は化石についての勉強です。化石とは何か。化石はどのような場所で,どのように発見され,どうやって発掘するのか,実際の写真を見ながら学習しました。また,どうやって化石ができるのか,どんなものが化石になるのか,化石を見ることでで何が分かるのか,少し難しい話を真剣に聞き,化石について学びました。
実際に化石もお土産にもらいました。何万年,何十万年という長い歳月を経てできた化石を観察しながら,大昔の地球に思いを馳せていたように感じました。
2018-07-19
「空気って知ってる?」と聞くと,「知っているよ!」「知らないわけない!」と子供は言います。だけど,「空気って何?」と聞くと,なかなか上手に説明できません。
今回は,知ってはいるけれど,目に見えず,実際にはよく分からない「空気の力」について体験的に学びました。
袋に空気を閉じ込めることで,見えないけれど確かにあるものとして実感しました。さらに,隙間がないように下敷きを机に置いて真上に引っ張る実験をしました。「なんで!?」と驚く表情が印象的でした。最後に缶に空気をためて重さを量ることで,空気にも重さがあることを実感しました。
2018-07-14
懐中電灯を付けても光の道筋は見えません。木漏れ日のような光の道筋を見るためには,空気中に水蒸気やちりなどが必要です。今回は,スモークマシンを使い,煙で満たされた教室で懐中電灯を付けることで,光の道筋を見ました。某映画の「光の剣」のような光の道筋が見え,子供たちは大興奮していました。
後半はプリズムを使い,光の帯(スペクトル)を作りました。
2018-07-14
いろいろな物に磁石を当ててみて,くっつくかくっつかないか試してみました。同じ「かん」や同じ「くぎ」でもくっついたり,くっつかなかったり…。同じ磁石でも向きによってくっついたり,くっつかなかったり…。
くっつく物には「てつ」が入っていること,磁石にはN極,S極があることを勉強しました。
 
さらに小さく切ったビニ帯を使い,磁石のくっつき方を調べました。「真ん中にはつかない!」「NとSのはしっこにたくさんついたよ!」
じゃあ,くっつけたまま2つの磁石を近づけると…!?子供たちから驚きの声が上がりました。
2018-06-30
5、6年生では、泳いでいる時のアジの写真を見て、「何のために口を開けて泳いでいるのかな?」という疑問についてみんなで考えを深めていきました。
海の中の生きものをちりめんの中から探し、後半では魚のえら部分の解剖にもチャレンジしました。
えらの中に隠れている、食べるための役割をしている部分と呼吸のための役割をしている部分を、顕微鏡で観察をし、その作りの違いに驚いていました。

TOP

トップページ