2018-11-17
5.6年生になると塾に行く子供も多く,理科の内容を知識として知っているということが多くあります。
理科実験教室では,そんな知識を,体験を通して実感できる良さがあります。
今回は酸素と二酸化炭素の判別方法について。気体を発生させることからやりました。塩酸などの薬品も安全に使用して実験を行うことができました。
2018-11-17
今回のテーマは「レンズ」です。虫めがねを触ってみると,「ふくらんでいる!」「どら焼きみたいな形してる!」と気づいた子供たち。しかし,別の虫めがねを触ってみるとへこんでいました。
「このへこんだ虫めがね,大きくならないよ!」とレンズの違いによって物の見え方が違うことも発見しました。さらに水が入ったビーカーもレンズになっていることを見つけ,身近なところにもレンズがあることを実感しました。
お土産としてレンズを使った手作りカメラを作りました。
2018-10-20
今日の実験は音について。身の回りにあるものを叩くと,いろいろな音がします。
いろいろなものを叩いてみたところ,コップを叩いたとき,中の水の量で音が変わることに気付いた子供たち。
「なんで?」と,はてなが生まれました。
その後,たいこの音で震えを感じたり,声でコーヒーの粉を震わせたりして,「音はものが震えることで聞こえる」ことを学びました。
2018-10-20
今回3,4年生は,炭作りをしました。
炭をつくるためにはどうすればいいのでしょうか。普通にわりばしを燃やしてみると炭にはならず白い灰になってしまいます。しかし,わりばしを空気に触れないようアルミホイルで包んで燃やすと真っ黒な炭を作ることができます。
3,4年生は初めてアルコールランプを使いましたが,安全に注意して実験を行うことができました。
 
2018-09-15
今日は雲についてです。どんな雲を知っている?と聞くと,「ひつじ雲」や「入道雲」など耳慣れた雲が挙がります。でも言葉は知っていても,よくは知らない様子です。
最初は,10種類に分類された雲の写真を見ながら,雲の名前と雲の様子,その雲ができる場所を知り,実際に今日の天気を見てどんな雲か観察しました。(ちなみに今日の天気は雨で一面雲でした。)
そしていよいよ,雲を作る実験。気圧変化実験器を使い,雲を作りました。「おぉー」と感嘆の声が上がりました。
最後は,飛行機に乗った際など,気圧の低いところにポテトチップスなとを持って行くと袋がパンパンになる現象を再現しました。

TOP

トップページ