2024-02-02
2日(金)の朝の時間に、2月の朝礼を行いました。全校児童で校歌を斉唱後、校長先生から次の話がありました。
「今年の2月は29日まで、4年に1回、2月は29日まであります。このことを当たり前だと思って通り過ぎるのと、「なぜ、4年に1回だけ29日なのだろうか」と思うのとでは違いがあります。今は、すぐにインターネット等を使って調べることができる時代です。ぜひ、調べてみてください。さて、暦をつくったのは、今から2000年以上前の人だそうです。インターネットもない時代に、空を見て星座・月の形や位置を自分で観察して調べてまとめた結果が〝カレンダー〟です。素晴らしい発見、発明です。大事なことは自分で不思議だなあと思うこと、そして、自分の力で考えることです。毎日勉強していることも、このような力をつけるためです。毎日の学習をがんばり、今年度のしめくくりを充実したものにしてほしいです」
続いて、2月の生活目標の「健康に気をつけて過ごそう」について、養護教諭から話がありました。養護教諭が特に子どもたちに呼びかけたのは、次の2つの約束です。
①しっかり手洗いをすること。特に指の間や手首に汚れが残りやすいので、手洗いを丁寧に行いましょう。
②体を温めましょう。 元気に遊んだり暖かい服装にしたりして体を温めると、免疫の働きをよくすることができます。病気から守る体をつくりましょう。
今日は、昨日の暖かさが嘘のような、真冬に逆戻りした寒さがあります。それでも登校後、友達と元気いっぱい遊んで体が温まったためか、薄着の子どもたちも多くいました。元気いっぱいなことは微笑ましいことですが、気候に合った、調節のできる服装も呼びかけたいと思います。合わせて手洗い・換気についても、積極的に行っていくようにしたいと思います。
明後日は立春、暦の上では季節は春に変わります。これから、子どもたちと春の訪れを探していきたいと思います。
 
2024-02-01
令和6年度4月に入学予定の新入生とその保護者様を対象に、「1日入学」を行いました。1日入学では、子どもたちは小学校の1年生の教室に入り、〝小学校での授業〟を体験しました。その間、保護者様には入学までの準備や心構えなどについての説明会にご参加いただきました。
始めは緊張した面持ちで教室に入ってきた子どもたちも、次第に小学校の教職員や教室の雰囲気に慣れ、最後はみんな笑顔で活動を楽しむことができました。子どもたちは英語を使いながら体を動かしたり、物語の読み聞かせを聞いたり、小学校にあるものについて写真を用いたカードで知ったり、パターンブロックで模様づくりに取り組んだりしました。
令和6年度の入学式は、4月6日を予定しています。花咲く春爛漫の中、108名の子どもたちが真新しい制服に袖を通して初めて本校に登校する姿を、心よりお待ちしております。
2024-01-20
1月20日(土)に、今年度最後となるオープンスクールを行いました。ご参会の皆様には校舎内外の施設や授業をご見学いただくとともに、学校説明会(入試報告会)にもご参加いただきました。
今回の学校説明会ではこれまでの回とは趣向を変え、4年生の代表児童が昭和学院小学校の魅力を発表しました。たくさんの人の前でも堂々と、身振り手振りをつけながら話すことができる子どもたちの表現力は、とても素敵でした。子どもたちが話題に上げた〝昭和学院小学校の魅力〟は、「授業」「いろいろな行事がある」「校舎」「学芸発表会」「いろいろな人と仲良くできる(生活団活動)」でした。
2024-01-16
素敵なグローブを贈ってくださったアメリカ大リーグの大谷翔平選手に対して、子どもたちが進んで〝お礼のメッセージ〟を書いています。
グローブはこの後、大谷翔平選手からのメッセージ「野球しようぜ」に応えられるように、休み時間や授業で使っていけるようにします。
 
2024-01-15
昨日(14日(日))からニッケコルトンプラザ コルトンホールにて、千葉県私立小学校造形展が始まりました。今年で16回目を迎えるこの造形展では、千葉県内にある私立小学校10校が各校の子どもたちの作品を持ち寄って展示しています。本校も割り当てられたスペースいっぱいに、できるだけ多くの絵画と工作作品を展示しました。【写真】
私立小学校の特徴の一つでもあるように、各校とも図画工作科の専門教員が指導しているだけあって展示作品には同じ題材はほとんどなく、それぞれ指導工夫のある作品が並べられていました。展示された作品からは、子どもの素直な思いや各校の教育の特色も感じることができました。
千葉県私立小学校造形展は23日(火)までの10:00〜17:00に、どなたでもご自由にご覧いただけます。
詳細はこの記事の上にある「Information」の、「第16回千葉県私立小学校造形展」をご覧ください。
しょうわだより